ウーマン

個別指導塾で子供に合った授業を受ける|理解度を高める勉強法

短大のいいところ

3人の学生

子供が短大に通いたいと言ったときに、大学の方が良いのではないか、短大にはどんなメリットがあるのかと考える親もいるかもしれません。大学では4年間という長い期間をかけてじっくりと勉強や研究ができるという特徴がありますが、短大にも良いことは沢山あります。子供が将来就きたい仕事をはっきりと決めている場合は、実践的な教育に力を入れている短大はとても適しています。大学では仕事に就くための授業というよりは、学者や専門家を育てるための授業に重きを置いているので、仕事で必要なスキルを身につけたいなら短大がいいでしょう。また、仕事で扱うスキルのみに特化した専門学校よりも学問を多く学べるので、大学と専門学校の良いところを集めたものが短大だと言えます。その他、短大では短い期間で卒業できるというのも特徴です。大学では一年間は基礎的なものを学習し、二年から専門分野に分かれることが多いのですが、短大では一年目からすぐに専門分野が学べます。また、社会に出るのも早くなるので、すぐ仕事に就きたいという人にも人気があります。そして、生徒の人数が大学に比べて少ないので、一人一人に指導が行き届きやすくなり、適したカリキュラムを受けることが可能です。さらに、費用がとても安いことも大きなメリットです。学費はもちろんですが、通う期間が短いため、生活に関わる費用もずっと安くなるので、なるべく安く済ませたいという場合にも安心でしょう。卒業後はすぐに就職することが多いので、親の負担も少なくなります。